五十にしてボカロを知る!

50代でボカロPになった筆者の活動奮闘記

#245 Vocalist応募キターーー!!!~またまた方針微調整

1年修行して出したカバー曲。

投稿から10日ほどで、ニコ動 400再生、YouTube 140再生って感じで、

反応あんま無かったな。

まあ、ある程度は予想していたけど、今までの投稿曲で最低の再生数になってしまい、正直落ち込んでました...。

 

ところがっ!!!

 

Vocalistの応募キターーー!!!

 

しかもねぇ、歌い手さんじゃないっすよ、

プロとしての声優、歌手の実績

のある日本人の方です!

早速、今日池袋でお会いして、活動方針をすり合わせてきました。

詳しくは、アップ時期が決まってからオープンにしますが、Vocalistのキャラを活かす方向で、若干方針は見直す ことにしました。

Vocal版のアップは11月か12月になると思います。

 

てなわけで、歌い手さん募集は打ち切ります!

結局海外からの応募はありませんでした。

 

複数の知り合いからいくつかアドバイスもらったんだけど、

「いくら英語ペラペラの歌い手が来ても、プロデューサーが英語ろくにできないんじゃやってくのは無理だろ、甘く見過ぎ」

「欧米ではアーティストよりプロデューサー、クリエーターが全面に出る。英語でカッコいいコメントできないんじゃリスペクトされない」

「ボカロ版で注目集めようというのはムリ。GUMIの英語でも日本人のヘタな発音にしか聴こえない。ボカロに慣れてなくて拒否反応も多い」

 

まあ、冷静に考えるとそのとおりw

米英をターゲットにするのは無茶な話で、ボカロや二次元に理解のある アジアや、ヨーロッパの大陸側南米をターゲットにするのが現実的だろう。

あと日本の洋楽好き

そういう考え方に軌道修正したので、日本人の方でもいいかな、と思ってたところでした。

逆にこういうすごい人が参加してくれるなら、

こっちの方針なんて棚に上げてありがたく合わせるべき

だろう。

 

しかし、すごい人に歌ってもらえることになって、うれしいのはうれしいんだけど、

責任重大でプレッシャーも感じるゎ

貴重な時間を割いてもらう以上、結果出さないと。

単純にアップした状態のオケそのままじゃなくて、もう少し手を加えて改善していかないとな。

さあ!新たなステージのスタートだ!!

-----------------------------------------------------------------------------------

ご感想、アドバイスなどありましたら、TwitterFacebookページでコメントください。

Twitterアカウント: 点五P@20.5th Century P

Facebook Page: 20.5th Century Project

今まで投稿した曲: ニコニコ動画 マイリスト YuoTube Channel

↓ランキングに参加してますのでおもしろかったらクリックしてください!


音楽(VOCALOID) ブログランキングへ

↑ボカロ関係のBlogリンクがありますんで、是非ごらんください。