ColoFusion公式! 中の人=点五P

Vocal Unit "ColoFusion"の活動状況、メンバー紹介など。

#320 ColoFusionのコラボは解消となりました。

ちょっと残念なお知らせではありますが...

ColoFusionメンバーとしてVocal担当でコラボ参加していただいていた
こりん さんと、みー太郎 さん は、先週アップの
「君の叫びが引いたカード」を最後に
メンバーから抜けることとなりました。
(プライベートや他活動とのスケジューリングの関係で)

とても魅力的なVocalでボクの曲のクオリティアップに貢献していただけたと思います。
感謝の気持ちでいっぱいです。

ただし、ボクとボクの知名度が上がらず、お二人の作品として再生数アップに貢献でず、申し訳なく思っています...

 

この後ですが、ボクはしばらくは、過去曲のリアレンジ作業に専念しつつ、
ぼちぼち後任の方を探していこうと思ってます。
ただ、年末から年度内にかけて重たい仕事が入ってしまったので、
次の曲のアップは春先以後かな...
ゆるーくご期待ください。

 

抜けられるお二人は、今後も歌い手活動を積極的に展開されますので、
是非ともご注目を。

 

みー太郎さん

Twitter ⇒ みー太郎ᛗ⛩🌾新作UP (@piyopiko419) | Twitter

ニコ動 ⇓ 

www.nicovideo.jp

 

こりんさん
Twitter⇒ こりん🐶MOON PRIDE合唱しました (@d_korin_b) | Twitter

ニコ動 ⇓

www.nicovideo.jp

 

末永くごひいきに!
-----------------------------------------------------------------------------------
ご感想、アドバイスなどありましたら、TwitterFacebookページでコメントください。

 

Twitterボカロ垢: 点五P@ColoFusion a.k.a. 20.5世紀プロジェクト

Facebook Page: 20.5th Century Project

 

今まで投稿した曲:

ニコニコ動画 点五P@ColoFusion 投稿作品【GUMI】!

ニコニコ動画 Mixしてみた!by 点五P

YuoTube Channel

 

↓ランキングに参加してますのでおもしろかったらクリックしてください!


音楽(VOCALOID) ブログランキングへ

↑ボカロ関係のBlogリンクがありますんで、是非ごらんください。

 

#319 新曲「君の叫びが引いたカード」アップしました

(↓最後に歌詞掲載してます!)

 

ここまで何回か制作の途中経過をアップしてきました新曲
「君の叫びが弾いたカード」

をいよいよニコ動にアップしました。


どうだっ!!

【GUMI版】

 

【歌い手さん版】

 


ちょっと時間がかかったけど、自分としては納得いくクオリティ。
達成感ヤバい。
いろいろ勉強にもなった。
是非是非ご視聴と宣伝を!

 

ここに至るまでの歴史を貼っておきます!

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

dekunobobenkay.hatenablog.com

 

最後に歌詞を貼っておきます!


【君の叫びが引いたカード / 作詞・作曲: 点五P】

1.
まなざし凍った人々
連なり流れ続ける

(帰りたい)
私のことは
(休みたい)
忘れてほしい
(眠りたい)
ひとりでゆっくり進めるから

リアルさ強いる人々
湿った腕で取りつく
(Get Lost!)

(鬱陶しい)
話したくない
(ほっといて)
合わせたくない
(あっち行け)
もともとから密なんてキライ

漕ぎ出そう 光る未来へ
飛び出そう 自由な世界へ
できないこともあるよね
マイペースで行こう さあ
これは君の
叫びが引いたカード


2.
くすんだ街のディフュージョン
かすかに響くスケール
(Get Set!)

(祈りたい)
どこでもいいじゃん
(呪いたい)
妄想できりゃ
(祝いたい)
ここからは僕らのピリオド

漕ぎ出そう 光る未来へ
踊り出そう 無限の宇宙へ
できないこともあるけど
奇跡を信じて さあ
これはボクの
涙がくれたターン


3.
(祈りたい)
(呪いたい)
(祝いたい)
ここからは僕らのピりオド

漕ぎ出そう 光る未来へ
飛び出そう 自由な世界へ
できないこともあるよね
マイペースで行こう さあ
これは君の
叫びが引いたカード

Don't get down your dream
Don't get down your dream
Don't get down your dream,
(dream,) dream,(dream,) dream,(dream)
Ah...


-----------------------------------------------------------------------------------
ご感想、アドバイスなどありましたら、TwitterFacebookページでコメントください。

 

Twitterボカロ垢: 点五P@ColoFusion a.k.a. 20.5世紀プロジェクト

Facebook Page: 20.5th Century Project

 

今まで投稿した曲:

ニコニコ動画 点五P@ColoFusion 投稿作品【GUMI】!

ニコニコ動画 Mixしてみた!by 点五P

YuoTube Channel

 

↓ランキングに参加してますのでおもしろかったらクリックしてください!


音楽(VOCALOID) ブログランキングへ

↑ボカロ関係のBlogリンクがありますんで、是非ごらんください。

 

#318 11/23いよいよ新曲アップします

ここまで何回か制作の途中経過をアップしてきました新曲
「君の叫びが弾いたカード」

のアップスケジュールが決まりました。

11/23(月) 11:00ニコ動アップ
11/28(土) 11:00YouTubeアップ
それぞれ、GUMI版、歌い手さん版同時にアップします。


【制作陣】
・イラスト: 染手さん
以下の2枚を使わせていただきました。

朝化粧:

朝化粧www.pixiv.net

凪:

凪www.pixiv.net

いやー、こんなに曲のイメージにピッタリのイラストが見つかるとは思いませんでした。
1枚目は、光と陰のある街の全景、
2枚目は、不安を抱えながらも希望を持って飛び立つ子供たち

有償で使わせていただきました。
それだけの価値はあると思いました。


・動画: ちびぎたさん
2019年の修行復帰後の曲はすべてちびぎたさんに制作いただいてます。
いつもリクエストに対してイメージ通りの動画をクオリティ高く作っていただけてます。
今回のものはすでに完成しています。
素晴らしい動画です。
是非お楽しみに!

・Vocal: ColoFusion
メイン: みー太郎さん
サブ: こりんさん
Bメロの掛け合いが圧巻です!

アップお楽しみに!
コメント、マイリス、いいねお待ちしてます。
弾幕も大歓迎!

30年の眠りから覚めたこの曲!
ご支援よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------
ご感想、アドバイスなどありましたら、TwitterFacebookページでコメントください。

 

Twitterボカロ垢: 点五P@ColoFusion a.k.a. 20.5世紀プロジェクト

Facebook Page: 20.5th Century Project

 

今まで投稿した曲:

ニコニコ動画 点五P@ColoFusion 投稿作品【GUMI】!

ニコニコ動画 Mixしてみた!by 点五P

YuoTube Channel

 

↓ランキングに参加してますのでおもしろかったらクリックしてください!


音楽(VOCALOID) ブログランキングへ

↑ボカロ関係のBlogリンクがありますんで、是非ごらんください。

 

#317 マスタリングエフェクトの工夫点

ずいぶん間が空いちゃってごめんなさい。
今日はマスタリングエフェクトの話です。

【基本的ポリシー】
ゼロから独学で設定するのはムリと思い、書籍を買って、
ほぼそのとおりの設定にしています。この本です。

www.minet.jp

この本には、Wavesを使った、ジャンル別のMIX/マスタリング設定例が、
数値例とその理由の解説付きで載っています。
ボクはこの本の「ダンスミュージック」の設定例をほぼそのまま使っています。

結構な値段のする本で、しかも使うのは一部だけ
(他のジャンルの部分は見ない)
ですが、それだけの価値はありました。
ボクがWaves Diamondを買ったのもこの本の存在が大きいです。

この本を買うまでは、ネットや雑誌に解説された設定例をごちゃまぜにして
取り入れ、自分の感覚で調整してましたが、素人がそんなことをやっても
クオリティは上がらない、と気づきました。
そもそもいろんな人がいろんなジャンルを想定した設定例がごちゃまぜになり、
しかも順番も自分の判断で適当にやってるんだから、目指す音になるわけない。

この本の設定をベースにして以来、マスタリングで悩むことは一切なく、
全く時間がかからなくなりました。

いろんなエフェクトや本を買ったり、講座を受けるより、
この本とWavesだけあればすむので、コストはかえって安いかも。

しかし、何のエフェクトをどのように使ってるかをここに書いてしまうと、
ネタバレどころか、著作権法違反で捕まります
ので、残念ながら書けません。
気になる方は是非この書籍の購入をご検討ください。

ハイ、終わり!

だと、何のノウハウの共有にもならないんで、他にマスタリングエフェクトで
工夫していることを書きます。


【プレマスタートラックの導入】
WavesNLSというアナログコンソールシミュレーターを使ってますが、
このエフェクトは、マスタートラックと各音源のトラックの両端に設定
する形なので、処理能力がぶっ飛びそう、と考え、インチキな方法を考えました。

マスタートラックの前段にプレマスターというBUSトラックを挟んで、
Vocal、オケの中間BUSはプレマスターの方にインプットします。
そしてこのプレマスターとマスターの間にだけNLSをかけています。

まあ、これで効果が半減しちゃってるかもしれませんが、処理能力を
考えるとやむを得ないかなとw
基本的なマスターエフェクトはプレマスター側にかけてしまい、
最終マスターでは、EQ、リミッター、アナライザーだけにしています。


【ゲートの導入】
何の音も出していないのに、サーっという雑音がどうしても出ていました。
多分PCの電源回路かなんかの雑音だと思います。
各BUSトラックとマスター、プレマスターの最終段に
Cubase付属のエフェクト「Gate」SRESHOLD -60dBで設定したところ、
ほぼ完全に除去できました。


【ターゲット曲とのEQ差分を考慮】
コレが今日のメインですね。
プロの設定例を書籍のとおりに設定すればそれでカンペキか、
というとそうでもありません。やはり、目指したいターゲット曲の
雰囲気と微妙に違う感じがどうしても出ます。

そこで僕は、ひととおりアレンジを終えた自分の曲の周波数特性と、
ターゲット曲の周波数特性をそれぞれアナライザで測定して、
その差分を調整するEQを付加してます。

大変そうに思えるかもしれませんが、Waves PAZモニターのPeak-Hold
というモードで測定した各周波数別音量レベルがテキストで出力でき、
それをエクセルに入れると差分のグラフができるようにしてあるので、
楽に調整できます。
コレは5月にアップした、「キミガ、ウスク、キエテク...」のリメイク版と
とあるターゲット曲の差分ですが、こんな感じ。

 

f:id:dekunobobenkay:20201028230836j:plain

どの辺が出過ぎていて、どの辺が引っ込み過ぎか、一目瞭然で、かつ数値的に
明確になります。
手間は若干かかりますが、手探りでやるより確実で早いです。
コレを導入したことで、目指す音に調整することが簡単にできるようになり、
サウンドのクオリティが格段に上がりました。


だいたい共有できるノウハウはこんなところです。
いかがでしょうか?

次回はいよいよ新曲の制作陣、曲の概要、イラストの紹介、アップスケジュール
のお知らせです。

お楽しみに!


-----------------------------------------------------------------------------------
ご感想、アドバイスなどありましたら、TwitterFacebookページでコメントください。

 

Twitterボカロ垢: 点五P@ColoFusion a.k.a. 20.5世紀プロジェクト

Facebook Page: 20.5th Century Project

 

今まで投稿した曲:

ニコニコ動画 点五P@ColoFusion 投稿作品【GUMI】!

ニコニコ動画 Mixしてみた!by 点五P

YuoTube Channel

 

↓ランキングに参加してますのでおもしろかったらクリックしてください!


音楽(VOCALOID) ブログランキングへ

↑ボカロ関係のBlogリンクがありますんで、是非ごらんください。

 

#316 ギターソロの作り方

制作の途中経過をアップしていく企画。
今日はギターソロの作り方です。

かなり苦戦しました。
最初はシンセソロを中心にしてギターをちょろっと入れる程度のつもりだったんだけど、カッコいいシンセソロができず...

やっぱり「EDMやる!」とは言っても所詮はオヤジ。
シンセソロは作り慣れてないし、最近聴き始めた程度では、
頭の中にフレーズの蓄積が充分にはできていないようだ。

ギターソロなら、もう中学生のころから40年以上いろんな
フレーズが刷り込まれていて引き出しも出来上がっている。
全然レベルが違うのだ。

活動の方向性を見直したときにも、
「自分が得意で好きなジャンルをやらないとクオリティは上がらない」
という結論を自分で出していたじゃないか。
EDMも好きだから何とかなるかと思ったが、やっぱり体に染みついてないのだ。
音作りの方はなんとかEDMらしくなったが、ソロフレーズは無理と悟った。

一般的にEDM曲にはギターは合わない、と言われているが、
全然ないわけではない。
むしろ自分の個性を打ち出せる領域とも言える。なので、
EDMの4つ打ちリズムの上にギターを乗せる形
を今後も全面に出していこう、
という結論に至った。

そういうわけで、ソロ、エンディングをギターを中心に再構成して
なんとか作り上げた音源がコレ。

soundcloud.com

ソロ: 3'02"~
エンディング: 4'28"~

EDMというより普通のJ-Popアイドル曲の雰囲気に近い感じかな。
とくにエンディングは。
まあ、ボカロ曲としても一定のクオリティでまとめられた感じだと思うんだけどどう?

つーことで、今回はギターソロの作り方に特化した話にします。

【音源】
ソロとエンディングは Heavier7
ソロ直後のカッティングはReal Strutを使ってます。
そう、2種類使い分けてます。

Heavier7のいいところは、サンプルフレーズが入っている点。
「こういうフレーズのときにはこういう風にパラメータ設定するんだよ」
という見本があるので、非常に作りやすい。
あとビブラート、スライドアップが自然で、ソロのリアルさは抜群です。

Real Strutのいいところは操作性
パラメータ設定のやり方がシンプル。
音もなんとなく固めなので、カッティングにちょうどいい感じ。


【ソロフレーズの作り方】
①まず、好きなギターソロフレーズを徹底的に聞くことから。
ボクは、洋楽、J-Pop、ボカロ曲合計34曲のお気に入りのギターソロの
ところだけを切り取った音源をi-Phoneのフォルダーを作って登録し、
繰り返し聴いてます。
とくにギターフレーズを作る直前に集中的に。
そうすることで、頭の中に「イメージ」を作り上げます。

 

②次に、どういう構成、展開にするか、書き出します。
今回はとくに16小節もあるので、漫然と作ったのでは間延び感出る恐れがあるんで。
変化をどうつけていくか考えておきます。
今回はこんな感じで
1~4小節: 低音のうねるような長音から中音に立ち上がる
5~8小節: チョーキングで不安定に伸びる音から超速弾きで盛り上げ
9~12小節: 高音長音でコードからはずれた音で主張
13~16小節:ニゾンベンドをスネアと同期+最後ライトハンド

 

③この参考になりそうなギターフレーズを①のターゲットサンプルから拾って
参考にしながら、フレーズのイメージを固めていきます。

 

④作りたいフレーズに似たニュアンスのサンプルをHeavier7のサンプルから
選んでソロのトラックに貼り付けます。(部分ごとに個別に)

 

⑤それを加工して作りたいフレーズのイメージに近づけていきます。

これを繰り返していきます。
参考曲のフレーズも、Heavier7のサンプルも、作りたいものに近いものがあるとは限らず、無い場合にはゼロから考えて打ち込みます。
結局だいたい半分くらいは自分で作ってます。


【エフェクト】
Heaver7には内蔵のエフェクトがついていますが、音が悪く、使っていません。
ボクはCubase内蔵のVST AMP Rackを使います。
なんと言っても多彩なプリセットがあるので、基本的には選んでそのまま使います。
が、それに加えて、以下も設定します。
EQ: 下は120Hz、上は6000Hzでカット
コンプ: Holdを長めにしてサステイン効果を出す
ディレイ: ソロはSend Returnで深めに。カッティングは弱めで。


こんな感じです。
もうほとんどできてきたんで、次は本番まで音源は上げません。
次回はマスタリングエフェクトについて書きます。

が、その前にVocalミックスやってるんで、次の更新は半月後かな?
少々お待ちください。


-----------------------------------------------------------------------------------
ご感想、アドバイスなどありましたら、TwitterFacebookページでコメントください。

 

Twitterボカロ垢: 点五P@ColoFusion a.k.a. 20.5世紀プロジェクト

Facebook Page: 20.5th Century Project

 

今まで投稿した曲:

ニコニコ動画 点五P@ColoFusion 投稿作品【GUMI】!

ニコニコ動画 Mixしてみた!by 点五P

YuoTube Channel

 

↓ランキングに参加してますのでおもしろかったらクリックしてください!


音楽(VOCALOID) ブログランキングへ

↑ボカロ関係のBlogリンクがありますんで、是非ごらんください。

 

 

#315 コーラスつけました

制作の途中経過をアップしていく企画。
今日はコーラスです。
予定では、Vocal Effectの話も書こうと思ってたんですが、
マスタリング調整や、アレンジ修正の結果変わる可能性も
あるので後にします。ごめんなさい。

まず、コーラス入れ終わったバージョンを貼ります。

 

soundcloud.com

 

どう? かなりいい感じでしょ? とくにサビ!!
ちょっとずつ解説します。


1) 左右コピー

左右に同じVocalをタイミングを30msくらいずらして配置して、
左右で二人で歌ってる感じを出します。
が、ボカロをコピーしたんだとあまり感じが出ません...
人間ボーカルの別テイクを配置するのに比べて...
Vocaloid5だと、簡単にタイミングがずらせない...
本当にVocaloid5のイベントデータをずらすしか無くて、
後でエディットしにくい...
V5になってからあんまりやらなくなってしまった...

大抵はサビに適用するんだけど、今回はハモリにしたんで無し。


2) ハモリ

大抵、3度か4度上を、ちょうどコードの構成音の範囲になる感じで適当に。
経過音でコード外の音にすることも。
メインの調教が終わってから、丸々コピーしてずらして作っちゃう。
一発でいい感じにはならなくて、試行錯誤で調整する。
今回はサビと、Bメロの最後ちょっとだけ。


3) 反復コーラス

これは輪唱みたいな感じで、同じ言葉を少しずらして歌うヤツ。
ボクは別トラック作って、メインから反復箇所を切り出しコピーして造る。
そのコピーにディレイをかける感じ。
メインに直接かけてオートメーションで調整してもいいんだけど、
どこにどうかけたかわかんなくなっちゃうんで、いつも切り出しでやってます。
ディレイ周期は、曲、箇所によって適当に。


4) ミュート

短いミュートを連続でかけて途切れさせるヤツ。
ダンス系ではよく使われる手法。
コーラスにかけるときもあるし、メインにかけるときも。
今回はしっくりする箇所がなかった...
もしかしたら、ソロの合間にVocalを細切れにして飛ばすかも...
ソロ作るときに一緒に考えることにした。


5) ピッチダウン

叫び声の最後をピッチダウンで終わらせるヤツ。
これもダンス系で多用される。
今回は、英語の叫び声 x 2箇所に適用した。
これはすでに調教前に入れてしまっていたが。


まあ、コーラスをつけると曲のクオリティが格段に上がるんで、
毎回ちゃんと時間取って考えるようにしてます。
が、今回は若干地味めかな。


ということで、次回はアレンジのブラッシュアップです。
ソロとエンディング、フィルインやオブリガードの最適化です。
ちょっと間があくかも...

というのは、ここまでの流れはだいたい手順を決めていてタッタッと行くんだけど、
ここからは個別に悩みながら作りこむからやってみないとどうなるかわからない...
産みの苦しみの部分。
大変だけどうまくいったときには達成感ハンパない。

頑張ります!
しばしお待ちを。

-----------------------------------------------------------------------------------
ご感想、アドバイスなどありましたら、TwitterFacebookページでコメントください。

Twitterボカロ垢: 点五P@ColoFusion a.k.a. 20.5世紀プロジェクト

Facebook Page: 20.5th Century Project

 

今まで投稿した曲:

ニコニコ動画 点五P@ColoFusion 投稿作品【GUMI】!

ニコニコ動画 Mixしてみた!by 点五P

YuoTube Channel

 

↓ランキングに参加してますのでおもしろかったらクリックしてください!


音楽(VOCALOID) ブログランキングへ

↑ボカロ関係のBlogリンクがありますんで、是非ごらんください。

 

#314 点五Pのボカロ調教ノウハウ

制作の途中経過をアップしていく企画。
今日はボカロ調教です。


【フルコーラスに仮拡張】

が、本題に入る前に、まずフルコーラスに仮拡張したバージョンを貼ります。
ワンコーラスの基本アレンジパタンをそのままコピペして、
最低限の調整をしてムリやりフルコーラスにしたものです。
ボカロはフルコーラス分入れました。
要するに、調教前の"Before"がコレ、ということです。

soundcloud.com

ソロやエンディングはちゃんと作りこんでないので間延び感ありますが...
まずはVocalアレンジを先にやるのでおいておきます。

プロなんかはVocal入れは最後にやる人が多いようですが、
ボクは、オブリガードやフィルインをつける前にVocalの作りこみを必ず先にやります。

なぜかというと、
1) 反復コーラスやブレスを聴かせたいところは先に入れたい。
オブリガードやフィルインを先に入れると、邪魔になってしまうことがある。
プロはそこを想定して空けておくんだろうけど、ボクは入れてないとわかりにくくて...
2) ボーカルがしょぼいとアレンジのモチベーションが上がらないんで、
先に調教をやっていい感じにしたい。

というわけです。


【V4で入力してV5に変換する】

ここまでのボカロはV4X(ボカキュー)で仮入力したもの。
本格調教はV5に変換してやります。

なぜ最初からV5でやらないかというと、
1) ノートの入力、コピペは、ボカキューの方が圧倒的にパフォーマンスがよい
2) 歌い手さん用のガイドメロディはV4Xのボカキューのデータを変換すれば一発でできる。
V5からMIDI逆変換できないので、先にV5に入れてしまうと、ガイドメロ用にもう一回
打ち込みしないといけないので面倒

という事情があります。
だったらV4Xのままでいいのでは? と思うかもしれませんが、
V5の方が調教作業は楽で、音質もいいので最後はV5を使いたいのです。


【調教作業の大きな流れ】

1) スタイルプリセット適用
2) 母音、撥音の調整
3) カラーを音程に合わせて変動
4) ノート長の調整とビブラート
5) しゃくり、語尾上げ、ピッチ変化
6) Mouthでアクセントを表現
7) 子音の強さの調整

1つ1つ簡単に解説します。


【 1) スタイルプリセット適用】

今はこの設定で固定化してる。

f:id:dekunobobenkay:20200821190136p:plain

ここに至るまではいろいろと試行錯誤したけど...
結局好みの問題だから、いろいろいじって自分の好きな設定を確認するしかない。
V5内蔵のエフェクトはイマイチ音が悪くてEQ以外は基本オフ。


【 2) 母音、撥音の調整】

この調整は、V4Xで仮入力する時点でやってしまうことが多いです。
直さないと不快感ありありなので。
今回も"Before"の段階で直してしまってます。

母音の調整とは、例えば「野生」を「やせい」「やせえ」「やせー」
のどれにしたら、自分のイメージに合うのか、確認して調整していく作業。
漢語熟語を使うとよく発生する。
一概に法則性はなくて、どう歌わせたいかで決める。
今回は、あまり漢語使ってないけど、「自由」を「じゆー」、
「宇宙」を「うちゅー」にしてます。

撥音の調整とは、
「うっとおしい」「ほっといて」を、
「ううっとおし」「ほおっといて」として、「っ」の長さを短く調節したりすること。
歌詞の字のとおりだと棒読み感が出るけど、こうすることで、歌らしくなります。
Vocalistによるけど、「ううとおし」「ほおといて」というようにほとんど
「っ」でつまらせない人もいますね。
僕はその都度個別調節してます。テンポにもよるみたいだし。


【 3) Characterを音程に合わせて変動】
高い音のCharacterを上げ、低い音のCharacterを下げるとらしくなります。
一音一音で変化させると面倒なので、だいたい音域を3つに分けて直します。
今回は
B♭3~D4:+8
D3~A3 :±0
A2~C3 :ー8
にしてます。
フレーズの中で入り乱れることもあるけど、このとおりに正確に直します。


【 4) ノート長の調整とビブラート】
僕はビブラートはかかりすぎると気持ち悪くなる派なので、薄くかけます。
Attack and Release Effectの"Slight Vibrato"しか使いません。
しかも、ノート全部にかけるとしつこいので、ノートを前半と後半で分割して後半のノートにだけかけます。
どのくらいからビブラートが始まるとイメージに合うか聴いて分割位置を個別に調整します。

ビブラートを使わないノートも、スパっと切るのか伸ばすのかでニュアンスが変わるので、聴いて全部調整します。結構ハンパな長さにすることもあります。


【 5) しゃくり、語尾上げ、ピッチ変化】
しゃくりは、しゃくらせたい部分をまず選定して、決めたら
ノート分割か、Attack and Release Effectか、個別ピッチ調整かを試行錯誤して
一つ一つ個別に調整します。
分割の場合、どのくらいの長さにするか、
Attack and Release Effectの場合は種類、
個別調整のときには具体的な波形を試行錯誤して調整します。
ボクはオートチューンをかけっぱなしにして軽くケロらせるのでノート分割でぴょこっと上げてしまうことが多いです。

語尾上げは、アイドルみたいに語尾だけ裏返るやつ。
V5のAttack and Release Effectだとぜんぜんらしくならないので、ノート分割で
ぴょこっと上げて作ります。
今回の曲では適用してません。

その他のピッチ変化は、しゃべり言葉のようなニュアンスを出したいとき。
今回、一箇所だけやってます。
これも個別調整で試行錯誤です。


【 6) Mouthでアクセントを表現】

Mouthはデフォルト値127でフルオープンなのですが、以下のようなケースで119か111に下げます。
1) 無声母音に近い状態で弱めたいとき (キ、ク、シ、ス、チ、ツ、ヒ、フ)
2) 漢字の音読みの後ろのノート (「後悔(コオカイ)」の場合、オとイ)
3) 助詞や助動詞。ただし、強調したいときもあるので個別判断。
4) その他、単語でアクセントがない部分

でも、これに該当しても下げない方がいいときもあります。
音程が上がって伸ばすようになっているときなんか。
個別に判断して下げるかどうか決めてます。

実は、僕が最も重視しているのがこれ。
しゃくりはやってる人多いと思いますが、コレは意外とやってない人が多いみたい。
でもこれやるのとやらないのとで、ぜんぜんVocalの抑揚が違います。
ケロ声でも日本語でも相当ニュアンスが変わります。
やってない人は是非お試しください。

ちなみに、英語の調教については過去に記事を書いてるので、こちら

#259 Vocaloid 英語調教のポイント大公開 - ColoFusion公式! 中の人=点五P

をご参考に。
英語の方がこのアクセント調整はさらに重要です。

 

【 7) 子音の強さの調整】

子音が弱いときはVELを下げ、強すぎるときは上げて調整します。
GUMIはもともと舌足らずで、そこが魅力なところもあるんで、
僕はあまり厳密には直しません。だいたい一曲中で2~3箇所程度。
それもカンペキには直んないんであきらめてますw

で、調教出来上がった音源はコレ!

soundcloud.com

どうですか? 調教によってかなりニュアンス変わったと思います。
とくにサビがヤバい!!
結構手間はかかります。ぶっ通しでやっても丸2日くらいはかかりそう。
でも、それだけの価値はあると思ってます。

いかがでしょう。参考になりました?

次回はコーラスとVocal MIXです。
ここのところ、週に2回更新してきましたが、次回はちょっと間があくかも...
というのは、この部分は苦手意識が合って、まだ人に教えられる状態ではないのです。
見直しながらやろうかと思っているので。
少々お待ちください。


-----------------------------------------------------------------------------------
ご感想、アドバイスなどありましたら、TwitterFacebookページでコメントください。

Twitterボカロ垢: 点五P@ColoFusion a.k.a. 20.5世紀プロジェクト

Facebook Page: 20.5th Century Project

 

今まで投稿した曲:

ニコニコ動画 点五P@ColoFusion 投稿作品【GUMI】!

ニコニコ動画 Mixしてみた!by 点五P

YuoTube Channel

 

↓ランキングに参加してますのでおもしろかったらクリックしてください!


音楽(VOCALOID) ブログランキングへ

↑ボカロ関係のBlogリンクがありますんで、是非ごらんください。